HOME ≫ ガイドツアー



現在 金山町観光協会では それぞれ単独のガイドツアーを行っています
..........................................................................................................................................................

guid-tour_map.pngtimes.png

ここに掲載されていない他の観光サイトもご案内しています。併せてご相談ください。

金山巨石群 ガイドツアー

2015_poster_kyoseki.jpg2015_poster_kyoseki.jpg
【所要時間】 60~90分 (最短でも40分は必要です)
【催行人数】 1名様から
【雨天の場合】 催行可 (大雨による交通規制により通行止めとなり、催行できない場合があります)
【現地までの移動】 各自でお願いします (JRご利用の方はご相談ください)
【専門ガイド料金】 1~9名様まで 3,000円/ 10名様以上 おひとり300円
【案内人】 金山巨石群リサーチセンター(調査資料室)調査員 小林由来・徳田紫穂
【セットツアー】 “筋骨めぐり” がセットになったお食事付ツアーはコチラ

古代の神秘に触れるなら、やっぱりガイド付がおススメです!
近年パワースポットとしても有名な金山巨石群。「金山巨石群」は縄文時代から時を刻み続けている太陽カレンダーの機能がある巨石天文台です。そこには古代ミステリーやサイエンスに満ちた、現代人の想像をはるかに超えた縄文人の姿があります。ガイドツアーはその謎解きに迫ります!

LinkIconMORE 金山巨石群につて

筋骨めぐり ガイドツアー

2015_poster_kinkotsu.jpg2015_poster_kinkotsu.jpg
【所要時間】 60~120分
【催行人数】 1名様から
【ガイド料金】 1~3名様まで 1,000円/ 4名様以上 おひとり300円
【雨天の場合】 催行可
【集合場所】 ドライブイン飛山(ひざん)/国道41号 信号 『上市場』 西 (JRご利用の方はご相談ください) 
【案内人】 筋骨ガイドの会
【セットツアー】 “金山巨石群”がセットになったお食事付ツアーならコチラ

入りにくい筋骨もガイド付きなら安心です!
飛騨街道 金山宿に建ち並ぶ家々の隙間を迷路のように駆けめぐる「筋骨めぐり」。観光客が入りにくい筋骨(狭い路地)の向こうに、昭和の懐かしい景色が映画のセットのように佇んでいます。ガイド付きなら効率よく「筋骨めぐり」楽しむことができ、食べ歩きの立ち寄りスポットもご案内します。

LinkIconMORE 筋骨めぐりについて

横谷峡 四つの滝 ガイドツアー

全コースのガイド付きツアーは行っていません。
現在は四つめの滝 「鶏鳴滝(けいめいたき)」 にて 『黄金姫(こがねひめ)伝説』 の解説ガイドのみ行っています。
2015_poster_taki.jpg2015_poster_taki.jpg
【所要時間】 30分程度
【催行人数】 1名様から
【ガイド料金】 1~3名様まで 1,000円/ 4名様以上 おひとり300円
【雨天の場合】 催行可 (状況を見て判断します)
【現地までの移動】 各自でお願いします (JRご利用の方はご相談ください)
【案内人】 筋骨ガイドの会

【注意点】 梅雨時や夏場は、蛭(ヒル)に刺されることがあります。地上から這い上がったり、木の枝から落ちてきたりします。肌の露出はできるだけ控え、特に足元には虫よけスプレー等で各自対策をおすすめします。

鶏鳴滝に残る “黄金姫伝説” を解説します!
横谷(よこたに)峡周辺の坂梨地区は、黄金姫(こがねひめ)伝説ゆかりの地。約 6kmの黄金姫街道ウォーキングコースが設置されており、誰でも自由に散策できますが、ガイド付きなら 4つ目の滝「鶏鳴(けいめい)滝」で黄金姫伝説を解説してくれます。季節の植物観賞も豊富にできて、お弁当持参で出かけたいツアーです。

LinkIconMORE 横谷峡 四つの滝について

お問合せ・お申込み

金山町観光協会
TEL.080-3637-2201
FAX.0576-32-3543 
E-mail: kankou-kanayama@seiryu.ne.jp

TOP 3枚の写真画像について
これは「ひだ金山まちづくり協議会(観光交流委員会)」が2015年に制作した飛騨金山の観光ポスター(サイズ:B0)です。実はこのポスター、2016年に爆発的なヒットを飛ばしたアニメ映画「君の名は。」に登場しています。それぞれの写真パーツが入れ替わって使用されていますが、古川の旅館のシーンで、このポスターがフロントの壁に貼られています。飛騨のイメージを金山が演出しているようで嬉しいですね。
LinkIconもう少し詳しく